宅配クリーニングのらくらく洗宅屋さん

安さに自信あります!
して、他社と比べてください!

アイロンのかけ方①

アイロン

いつも何気なく使用している「アイロン」。
しかし、いつも使っているにもかかわらず、なかなか上手にできない!!
そんなお悩みをいつも抱えていると思います。

そもそも、アイロンは衣類によってやり方は全く異なります。
まして、アイロンの温度、圧力のかけ方、蒸気のかけ方など、さまざまな要因が絡み合ってうまくできるのです。

そこで今回は、アイロンを掛ける前のチェック項目についてまとめてみました。

【そもそもアイロンの種類とは】
アイロンには大きく分けて2つの種類があります。

・ドライアイロン
・スチームアイロン

これら2つは、機能が異ないます。ドライアイロンは高温の熱と押さえる力によって布のシワをのばします。一方スチームアイロンは、スチームを大量に布に吹きかけることによってシワをのばします。スチームによって消臭効果もあるので、においが気になるときはスチームアイロンを使うと効果的です。
ただし、スチームアイロンは安いものを購入すると、スチーム量が少なく上手にアイロンを掛けることが難しくなります。

【コードレスタイプかコード付きタイプか】
アイロンをするときに必ず気になる「コード」ですが、今ではコードレスタイプが主流になっています。
コードレスアイロンは電源コードがなく、置台において充電しながらアイロンを掛けます。コードレスアイロンの場合、アイロンのコードがないので作業がスムーズにしやすく、ワイシャツやTシャツなどの小物に向いています。また、置台があるので、うっかりしてアイロンを地面に置いたり、熱い面に触れてやけどすることがほとんどありません。コード付きアイロンは電源コードがあり常に通電しているため、長時間アイロンを掛けても温度が下がりません。そのため、大物のアイロンがけには向いています。

そのほかにも、スチームの目詰まり防止加工がしてある、アイロンの面がチタンコートされているなど、あげればきりがありません。

そんなアイロンですが、
自分が一番アイロンを掛ける衣類でアイロンがしやすいものを選ぶ
と、楽しくアイロンができますよ!!
ちなみに、アイロン台は大きめのものを選ぶと、ワイシャツのアイロンがけはやりやすいですよ!!

次回はアイロンを掛ける前の注意点です。
おたのしみに!!


関連記事

宅配クリーニングの洗宅屋さんへログイン

新居へ宅配します!引越しクリーニング!

お支払い方法

・銀行振込
・クレジットカード決済
ご利用可能クレジットカード

お支払いについて

お問合せ・サポート

*