宅配クリーニングのらくらく洗宅屋さん

安さに自信あります!
して、他社と比べてください!

大事な衣服を傷める2つの大敵!! それは自分自身にあった!

プレぜントでもらった洋服。少し背伸びして買った高級スーツ・・・

など、大切にしていきたい衣類は、皆さん様々あると思います。

だからこそ、ドライ&ウェットの『ダブル洗い』!

実はドライクリーニングやご家庭の洗濯だけでは、守りけ入れない衣類の大敵がいるのです。

◎皮脂/汗はドライクリーニングだけでは落としきれない!

人の身体から分泌される『皮脂』と『汗』。どちらも身体を維持していく上で欠かせない機能ですが、その機能は、私たちの衣服を傷める原因になっています。大事な衣服、それを着ると100%汚れてしまう。汚れてしまった大事な衣服を気持ちよく、いつまでも着られるようにするために、まずは『これらの汚れがなぜ悪いのか』ということと、『その対処法』について調べてみました。

◎黄ばみ・ニオイの原因は『皮脂』!!

身体には汗を出す『汗腺』と、皮脂を出す『皮脂線』という器官があります。分泌量は部位によって違いますが、これらは身体中の皮膚にあり、全身から分泌され、この2つの分泌物は、そのまま衣服の汚れになります。

このうちの『皮脂』は、衣服にこんなダメージを与えます。

1つめに、『黄ばみの原因になる』ということ。皮脂は油溶性の物質。油溶性の汚れは、界面活性剤でも完全に除去するのは難しく、時間がたつうちに空気中の酸素と結びついて酸化し、黄ばみの原因になっていきます。

2つめは、『ニオイの元になる』ということ。衣服に染み込んだ皮脂は、バクテリアによって分解され、嫌なニオイを発するようになってしまいます。

◎『汗は家庭洗濯で落ちる』。そのウラにある落とし穴

皮脂を手助けしてしまうのが、『汗』です。汗の成分は、その99%が水分で、含まれる成分も、家庭の洗濯で落ちるものであり、あまり厄介な存在では無いように思えます。しかし、全身から出る汗は、皮脂汚れを衣服全体に広げ、繊維の深くまで染み込ませる手助けをしてしまいます。真夏の炎天下の中、頑張るお父さんのワイシャツをイメージしていただけると分かりやすいと思います。こまめに洗ったはずなのに、襟元、袖、脇の下などの汚れが、だんだんひどくなっていくのは、この『皮脂』と『汗』のダブルパンチが効いているのです。白いワイシャツは見た目に分かりやすいので、ダメージの進み具合も一目でわかりますが、色付きの衣服は見た目ではあまりわかりませんから、気づいた時には、『部分的に変色していて、もう着られない』ということもあります。季節の変わり目には、来シーズンまで着ない衣服のダメージを、クリアにしておくことが大事です。

◎夏物衣料を傷めることなく汚れを落とす、ドライ&ウェットの『ダブル洗い』

クリーニングでは普通、型崩れする衣服や、縮む衣服、色落ちする衣服などには水を使わずに選択できる『ドライクリーニング』で衣服の汚れを落とします。このドライクリーニングは、衣服を傷めることなく、生活の中で付着した様々な汚れや、家庭洗濯では落ちにくい皮脂汚れもよく落とします。ただ、ドライクリーニングには、水溶性の汚れを除去しきれないという弱点があります。ドライクリーニングでも、水溶性の汚れを最小限の水で除去できるように工夫してありますが、それでも夏物衣料では、多くの水溶性汚れが残る場合があるので、水洗いが求められてきました。その課題を解決したのが、ドライクリーニングを補完して、水溶性の汚れをしっかり除去する『ウェットクリーニング』。新しい技術によって、夏物衣料も傷めずに、しっかり水溶性の汚れを落とせるようになりました。この2段階の『ダブル洗い』は、生活の中で付着した汚れ、身体から出る『汗』も『皮脂』もバッチリ落とし、夏物衣料のあと始末に適しています。


関連記事

宅配クリーニングの洗宅屋さんへログイン

新居へ宅配します!引越しクリーニング!

お支払い方法

・銀行振込
・クレジットカード決済
ご利用可能クレジットカード

お支払いについて

お問合せ・サポート

*