宅配クリーニングのらくらく洗宅屋さん

安さに自信あります!
して、他社と比べてください!

洗濯物につく花粉対策

早くも花粉が飛び始めたというニュースをこの前テレビで聞きました。『もう花粉のニュースかぁ・・・』と思ったのでよく覚えてます。
今年の花粉量は、去年に比べると少ないみたいですが、それでも花粉症を発症するには十分の量が出るという予測が環境省から出ています。

去年は例年に比べて花粉量が多く、いろいろと騒がれたので、みなさんそれなりに対策を講じているのかと思いきや・・・調べてみると意外と効果的な対策をとっていない方もいるようです。(汗)
その際たる例が、洗濯物を取り込む際に「はたく」というもの。みなさんも経験があるんじゃないですか?

P&G清潔生活研究所の調べでは、洗濯物の乾燥に伴い花粉が繊維に強く付着すると、はたいても約80%以上の花粉が残ったままになるというデータが出ています。
もちろん花粉の量にもよりますが、その衣服を着た場合、一日中花粉を身にまとって生活するようなもの。それが家の中ならば、家中のいたるところに花粉が付着してしまいますよね。(汗)

花粉のつきにくいナイロンやポリエステルといった素材の衣服もありますし、花粉がつきにくくなる柔軟材(レ○ア)なんていうのもありますが、目に見えない分、やっぱり心配ですよね・・・。

じゃあ効果的な対策は一体何なのか!?

改めていうのが恥ずかしくなるくらい当たり前のことですが、
『外に干さない』ということです。
部屋干しを徹底していれば、花粉は極力排除できるんです。

それと、先ほどダメ出しした『はたく』ですが・・・実は効果的に機能するタイミングがあるんです。
それは、『帰宅時』。乾いている衣服に付着した花粉ならば、約15%くらいまでは、はたいて落とせるそうです。

これらを組み合わせて、家の中に花粉を持ち込まないようにするには・・・

1、帰宅時、ドアの前ではたいて入る。
2、玄関に部屋着を用意し、玄関で着替えて、外出着はすぐに洗濯機に入れる。
3、洗濯物は部屋干しをする。

この3ステップで、最小限まで花粉を落とすことができるでしょう。空気清浄機をかけたりすることも効果的です。

ウチでは、去年の花粉シーズンに、僕の母が花粉症にかかりました。自分がかかるよりかわいそうになるんですよね・・・。いつ誰がかかるかわからない分、早めの対策と花粉を持ち込まない心がけが大事です!!


関連記事

宅配クリーニングの洗宅屋さんへログイン

新居へ宅配します!引越しクリーニング!

お支払い方法

・銀行振込
・クレジットカード決済
ご利用可能クレジットカード

お支払いについて

お問合せ・サポート

*